女性で膣の潤いが足りないと感じているなら、ラブグラを使ってみよう!勇気が出ない人は、このサイトで安心を提供します。

  • ホーム
  • 即効性のあるラブグラは用法・用量を守った服用を

即効性のあるラブグラは用法・用量を守った服用を

綺麗なカップル

ラブグラは、女性用に開発された不干渉や性的興奮障害を改善する効果のある医薬品です。
男性用のED治療薬で有名なのがバイアグラですが、ラブグラはバイアグラの女性版の「ウーメラ」のジェネリック医薬品です。
カマグラシリーズを販売しているアジャンタフォーマ社が開発しました。
ラブグラの一番のメリットは即効性があることです。
バイアグラと同じ主成分のシルデナフィルが配合されているため、性交渉をする30分~1時間前に1錠服用すると効果が現れます。
膣内や外陰への血流促進作用が働き、膣内に潤いを与えてくれるので、その結果女性は不感症やオーガニズム不全が改善され、女性が性交中に感じる性的快感の量が増加する効果が期待できるというわけです。
これは、PDE-5という作用があるためです。
PDE-5とは酵素を阻害する作用であり、その作用
によって女性器周辺の血流が良くなって不感症が改善されるというわけです。
また、今まで挿入の際に痛みを感じていた人は、膣内の潤いが増すことによって痛みが感じにくくなるというメリットもあります。
ただし、用法・用量をきちんと守って服用する必要があります。
まず、主成分であるシルデナフィルは腸から吸収される性質があるため、高い効果を得るためには、空腹時の服用がおすすめです。
そして、腸から吸収されるので、暴飲暴食後の服用は効果が低くなる可能性が高いので注意が必要です。
性行為前の30分~1時間前に服用しますが、服用の間隔は最低でも24時間はあけなければなりません。
また、ラブグラには副作用があるので、その点も注意が必要です。
頭痛やほてりや動悸やめまいや鼻づまり、そして、胃もたれや皮膚発疹などのアレルギー症状が現れる可能性があります。
気分が悪くなったら医師の診断を受けましょう。

関連記事