女性で膣の潤いが足りないと感じているなら、ラブグラを使ってみよう!勇気が出ない人は、このサイトで安心を提供します。

  • ホーム
  • 入手可能なクエン酸シルディナフィルとラブグラ

入手可能なクエン酸シルディナフィルとラブグラ

20世紀の終盤に登場したバイアグラは、販売されると共に世界中で爆発的なヒットを記録したED治療薬です。
元々は、狭心症の改善のために研究されていた成分であり、臨床試験により勃起不全に対しての改善効果が確認されたことがきっかけです。
このバイアグラというのはED治療薬としての商品名で、元の薬品名はクエン酸シルディナフィルと言います。
このクエン酸シルディナフィルを主成分としていることから女性用バイアグラと呼ばれているのが、ラブグラという内服薬です。
バイアグラが、単に勃起不全を改善する治療薬だったのに対して、こちらの場合は不感症やオーガズム不全に対しての改善効果が期待できます。
これは、男女の性器の構造の違いによるもので、基本的な作用機序は同じです。
クエン酸シルディナフィルは、5型Phosphodiesteraseという還元酵素の酵素活性を阻害するというのが基本的な作用であり、これにより性器周辺の血流量が増加することになります。
男性の場合は、これにより勃起可能な状態になるのみですが、女性の場合は感度まで良化すると考えられています。
これは、clitorisが充血することによるもので、服用後1時間程度で作用した後に、5時間から6時間程度継続します。
なお、同じクエン酸シルディナフィルを主成分にしているバイアグラとラブグラですが、現在のところ厚生労働省が承認しているのはバイアグラのみです。
つまり、ラブグラは国内の医療機関では処方されていないということになります。
これは、バイアグラが勃起不全という疾患に近い症状を改善することを目的としているのに対して、ラブグラは感度を良好にするということから快楽目的となっているのが原因と推測されます。
ただし、アメリカでは承認されているので、個人輸入代行を利用するなどの方法で、入手することは可能です。

関連記事