女性で膣の潤いが足りないと感じているなら、ラブグラを使ってみよう!勇気が出ない人は、このサイトで安心を提供します。

  • ホーム
  • ラブグラによる湿疹などのスタンダードな副作用

ラブグラによる湿疹などのスタンダードな副作用

ラブグラは、女性用バイアグラ Womeraのジェネリック医薬品で、インドの製薬メーカーAjanta Pharmaが提供している内服薬です。
有効成分は本家本元のバイアグラと同じsildenafilで、体内の特定の酵素の活性を阻害することにより血流量が増加するというのが基本的な仕組みです。
この作用によりバイアグラの場合はpenis周辺の血液循環が促進するので性的な刺激をきっかけに勃起が可能となるという変化が生じるのですが、ラブグラの場合はclitorisが充血して感度が良化します。
このために、バイアグラがED治療薬という医薬品に分類される扱いだったのに対して、ラブグラはLovegraという名前からも分かるように媚薬として提供されています。
これが、厚生労働省の扱いの差となってあらわれており、バイアグラは販売開始からわずか半年で承認されたのに対して、ラブグラはもとより先行医薬品のWomeraですらいまだに未承認のままです。
これは、治療目的で使用する医薬品とは認識されていないということを何よりも裏付けています。
ただし、主成分が同じsildenafilである以上、基本的な内容はバイアグラと全く同じです。
具体的には服用後一時間で効果が発現し、5時間から6時間持続します。
そして、食事による影響を受けやすいということが特徴で、明確な効果を得たいのであれば空腹時の服用を心がけなくてはなりません。
なお、sildenafilは元々は狭心症を改善することを目的とした成分であり、服用すると血圧は急激に低下します。
この血圧の低下と血管の拡張が最もスタンダードな副作用であり、ニトログリセリン系の降圧剤と併用すると命にかかわる危険があります。
他の副作用としては、顔のほてり、頭痛、眩暈、湿疹などで、これらは0.1パーセント以上の確率で発生します。

関連記事