女性で膣の潤いが足りないと感じているなら、ラブグラを使ってみよう!勇気が出ない人は、このサイトで安心を提供します。

  • ホーム
  • ラブグラなどの下半身問題を対象とした医薬品の処方箋

ラブグラなどの下半身問題を対象とした医薬品の処方箋

笑顔のカップル

1990年代の前半に狭心症などの心臓の疾患を改善するためにアメリカで開発されたsildenafilは、臨床試験では思う様なデータを出すことはできませんでした。
このために、試験を中止することが決定されて被験者から回収することにしたのですが、被験者がsildenafilを出し渋るという事件が発生しました。
そこで問診を行った結果、何と勃起不全に効果があるということが確認されたのです。
1998年の販売開始以来、世界中で一大センセーションを引き起こすほどの爆発的なヒットを記録したバイアグラは、この様なきっかけで誕生したED治療薬です。
このバイアグラと同じ主成分のsildenafilを配合しているラブグラは、インドの製薬メーカーが提供している女性用の内服薬です。
下半身の問題を対象としていることはバイアグラと同じですが、男性と女性の性器の機能や構造には違いがあるので、発揮される効果も異なっています。
バイアグラが勃起不全を解消することを目的としていたのに対して、ラブグラの場合は性的興奮障害や不感症を改善します。
つまり、ecstasyを高めるということで、いわゆる媚薬に分類されている薬品です。
このために、バイアグラはアメリカで販売が開始されてから半年後に臨床試験も実施することなく厚生労働省が承認したのに対して、同じ成分を配合しているにも関わらずラブグラは未だに承認されていません。
このために、医療機関での取り扱いは行われておらず、インドの製薬メーカーから直接輸入するか個人輸入代行業者を利用するという方法となります。
このような場合は医師の処方箋は必要はありませんが、それだけに注意して服用しなくてはなりません。
sildenafilは、前述したように服用すると急激に血圧が低下するので、他の降圧剤と併用した場合は命にかかわる危険があるからです。

関連記事