女性で膣の潤いが足りないと感じているなら、ラブグラを使ってみよう!勇気が出ない人は、このサイトで安心を提供します。

  • ホーム
  • クリニックで不感症治療にも使われてる医薬品ラブグラ

クリニックで不感症治療にも使われてる医薬品ラブグラ

セックスをしても何も感じることができなかったり、濡れないので挿入するときに痛くて彼氏や夫との関係が悪化してしまったり、どうしても絶頂に達することができなくて悩んでいる女性は意外とたくさんいます。
恥ずかしい悩みなので誰にも相談できず、パートナーにも言いにくいので我慢してセックスをして痛い思いをしたり、感じているように見せるために毎回演技をするのも辛いので不感症で悩んでいるなら早めに対処することが必要です。
女性の性機能障害を改善するには、女性用バイアグラのジェネリック商品であるラブグラが有効です。
婦人科などクリニックでも治療に使われている医薬品で、男性用のバイアグラと同じように血流を促進する成分が含まれています。
服用すると性器周辺や膣内の血の巡りがよくなるので濡れやすくなったり、肌が敏感になって少しの刺激でも性的な快感を得られて不感症が改善できます。
バイアグラと同様に空腹時に飲むと効果が最大限に発揮できるので、セックスをする1時間程度前に飲んでおけばやりたいタイミングで性的な刺激に敏感な状態をキープできて、8時間程度効果が持続するので一晩中快感を得ることが可能です。
ラブグラは一錠に100mgの有効成分が含まれていますが、日本人女性は小柄なので半分の量でもじゅうぶん効き目があるのでコストを大幅に削減できるメリットがあります。
クリニックで処方されるのも半分の量で、初めて使うときは更に半分の25mgでも効果が実感できます。
服用すると自然に膣内が潤ってきてセックスをしたくなったり乳首や指先なども敏感になるのでいつもとは違う楽しみ方ができます。
不感症で性生活を苦痛に感じてしまうならラブグラを試してみましょう。

関連記事